Real Estate Investment Trust

REIT今昔物語

REIT今昔物語

投資法人それぞれの成り立ちは、本当に様々です。指標や利回りも大切ですが、こうした成り立ちから分かる法人の性格なんかも大事かも。

・インヴィンシブル投資法人(8963)
買収した外資をさらに買収したあの日本法人の登場で米国をまたにかけた複雑な状況に。

・いちごオフィスリート投資法人(8975)、いちごホテルリート投資法人(3463)、いちごグリーンインフラ投資法人(9282)
リーマンとともに現れたいちご系投資法人(8975,3463,9282)達は、何処へ行く。

・日本賃貸住宅投資法人(8986)
(前編)日の丸賃貸ビジネスたちの船出と終焉。
(後編)アップル外資の出資と日本初のリートTOBの末に。

まとめ資料

【REIT資料】Jリート(REIT)の全投資法人とスポンサー(いわゆる親)の一覧

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。