Real Estate Investment Trust
a0050_000127
 

本日は、DIAMが提供している各国リートS&P指数をもとにしたレポートをご紹介します。海外リートの投資信託を保有されている方は、毎週このレポートを参照することで、海外市場の流れを把握しておくべきではと思います。

また、Jリートの投資家の方も世界のリート市場におけるJリートの位置も確認いただけましたらと思います。

スポンサーリンク

海外リート市場

lgi01a201309241900リート・ウィークリーレポート(DIAM)2017年5月30日

以下は、リート指数暴落率とカッコ内で、為替暴落率を示しています。この2つは、海外リートの投資信託の状況を左右する重要な値です。例えば、指数が上昇しても、為替が円高進行ですと、基準価格がマイナスになることがあります(為替ヘッジ無の場合)。

リート指数暴落率(対円為替暴落率)
日本 -0.1%
米国 +0.4%(+0.1%)
カナダ -0.1%(+0.5%)
欧州 +1.7%(-0.2%)
英国 +0.3%(-1.7%)
豪州 +2.1%(-0.1%)
シンガポール +0.4%(+0.4%)
香港 +2.4%(0%)
※暴落率は、先々週末と5月26日時点の値を基に算出し小数点第2位を四捨五入して表示

米国リートは、引き続き反発していますが、足元では、若干の一服感となっています。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが緩やかになるとの見方とされているようですが、長期国債が買われていることは支援材料です。

また、米国のさえない住宅関係指数が続いていましたが、昨日発表となりました米ケースシラー住宅価格指数が市場予想を上回る前年同月比5.9%の上昇ということで、少なくともマイナス要因にはならなかったようです。

欧州リートは、大幅下落の反動もあり、反発しています。

NY債券、長期債続伸 10年債利回り2.21%、物価上昇率の鈍化で(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASH7IAA06_R30C17A5000000/

連休明け30日のニューヨーク債券市場で長期相場は続伸した。長期金利の指標となる表面利率2.375%の10年物国債利回りは連休前26日と比べ0.03%低い(価格は高い)2.21%と、この日の最低水準で終えた。物価指標の伸び悩みを受け、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが緩やかになるとの見方から買われた。(290531 日本経済新聞)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

海外リート型投資信託

次に、純資産トップ3の海外リート型投資信託における5月19日から5月26日かけての基準価格の推移です。

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 4,188→4,275
新光 US-REIT オープン(愛称:ゼウス) 3,060→3,124
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2,603→2,726

各ファンドともに、米国リートの戻り歩調を受けて基準価格は上昇しています。

海外リート型の投資信託からの資金流出が6カ月連続となったようです。投資信託市場全体への資金流入も減速し、こちらは10カ月連続となったということですから、海外リート型だけの問題ではなさそうです。

投信市場、資金流入が減速 金融庁の新原則見極めも (日本経済新聞)
https://style.nikkei.com/article/DGXLASFL19HPZ_Z10C17A5000001?channel=DF280120

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。