Real Estate Investment Trust
a0050_000127
 

本日は、DIAMが提供している各国リートS&P指数をもとにしたレポートをご紹介します。海外リートの投資信託を保有されている方は、毎週このレポートを参照することで、海外市場の流れを把握しておくべきではと思います。

また、Jリートの投資家の方も世界のリート市場におけるJリートの位置も確認いただけましたらと思います。

スポンサーリンク

海外リート市場

lgi01a201309241900リート・ウィークリーレポート(DIAM)2017年8月29日

以下は、リート指数暴落率とカッコ内で、為替暴落率を示しています。この2つは、海外リートの投資信託の状況を左右する重要な値です。例えば、指数が上昇しても、為替が円高進行ですと、基準価格がマイナスになることがあります(為替ヘッジ無の場合)。

リート指数暴落率(対円為替暴落率)
日本 -1.0%
米国 +1.8%(+0.2%)
カナダ +0.0%(+1.0%)
欧州 -0.3%(+1.5%)
英国 -0.7%(+0.3%)
豪州 -2.3%(+0.2%)
シンガポール -0.9%(+0.7%)
香港 +0.6%(+0.3%)
※暴落率は、先々週末と8月25日時点の値を基に算出し小数点第2位を四捨五入して表示

米国リート市場は上昇しています。米政府の債務上限問題による情勢不安のため、株式市場が軟調となり、米国の長期金利が低位で安定していました。このため、米国リート市場は底堅い動きとなっています。

欧州リートについては、ユーロ/円が上昇を続けていますが、肝心な欧州リートが軟調傾向となっています。

NY債券、長期債横ばい 10年利回り2.13%、好調な経済指標受けた売り続かず(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASH7IAA06_R30C17A8000000/

30日のニューヨーク債券市場で長期相場は横ばいだった。長期金利の指標となる表面利率2.250%の10年物国債利回りは、前日と同じ2.13%とこの日の最低水準で取引を終えた。市場予想を上回る米経済指標を受けて売りが先行したが、物価の停滞に加え地政学リスクへの警戒感がくすぶり、売りの勢いは限られた。(290831 日本経済新聞)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

海外リート型投資信託

次に、純資産トップ3の海外リート型投資信託における8月18日から8月25日かけての基準価格の推移です。

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 4,014→4,050
新光 US-REIT オープン(愛称:ゼウス) →2,914→2,942
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2,489→2,493

米国リートの上昇とともに、各ファンドとも緩やかな上昇となっています。

以下は、そのほかの気になる分野別の海外リートファンドの値動きです。

【非毎月分配型】
フィデリティ・USリート(資産成長)D(H無) →15,948→16,094

【地域限定】
アジア好利回りリート・ファンド 7,864→7,770
DIAM オーストラリアリートオープン 9,786→9,618

【ETF】
iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF 8,667→8,867

シンガポールリートが下落しておりますので、アジア好利回りリート・ファンドは下落となり、、オーストラリアリートオープンは、豪州リートが下げていましたので、下落となりました。

以下は、定例情報です。リートファンドからは、引き続き、資金流出が続いているようです。

7月BRICs株・定期分配型・REITファンド=リッパー(ロイター)

7月末REITファンド
純資産残高 11.44兆円
前月比(%) -1.4
資金純流出入額 -402.62億円

バランス型投信に資金流入 相場膠着、安定性に着目(日本経済新聞)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20121030Y7A810C1PPD000?channel=DF280120166591

資金流出額上位は海外REIT型の「ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)」(大和証券投資信託委託)や「新光US-REITオープン」(アセットマネジメントOne)、「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」(日興アセットマネジメント)が並んだ。分配金を引き下げる流れや、海外金利の先高観による不動産投資信託(REIT)市況の悪化が懸念された。(290819 日本経済新聞)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。