Real Estate Investment Trust
horizon-seas-towers
 

今週29年6月12日から6月16日にかけてのリート市場の相場を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

今週のJリート(reit)

東証リート指数の週末終値は1739.42となりました。前週末終値が1734.42でしたから、5ポイント程度の上昇となりました。

今週の最安値は、水曜の場中の1725.30、最高値は、木曜場中の値である1750.61でした。週半ばに向けて、下落していき、木曜で一気に上げましたが、週末で反落しております。

s512_f_business_28_0 今週の主なニュース
今週は、以下のとおり、日米不動産関連の指標がでています。
6月13日(月)米連邦公開市場委員会(FOMC)
6月14日(火)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了
6月15日(水)分譲マンション賃料
6月16日(金)米5月住宅着工件数

6月15日(木)FOMC:1~1.25%に利上げ、保有資産の縮小計画を提示(bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-14/ORJUEI6VDKHS01

米連邦公開市場委員会(FOMC)は13、14 両日に定例会合を開き、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を1-1.25%のレンジに引き上げた。年内の利上げについては、あと1回との見通しを維持。さらに4兆5000億ドルの保有証券縮小計画について詳細を示した。
米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は声明発表後の記者会見で、保有証券の縮小について、経済が当局の想定通りに進展するなら、「比較的早期」の実行もあり得るとの認識を明らかにした。(290614 bloomberg)

6月15日(木)2017年5月 東京23区-0.7%と引き続き下落 正味のトレンドも弱含みにシフト(東京カンテイ)
https://www.kantei.ne.jp/report/rent/322

2017年5月の首都圏・分譲マンション賃料は、全域的に弱含んだ影響から前月比-0.8%の2,633円/㎡と引き続き下落した。都県別で見ると、東京都では-0.6%の3,140円/㎡で、当月と同程度の平均築年数であった2016年12月に比べて60円程度も賃料水準を下げており、正味のトレンドにおいても下落傾向を示している。神奈川県でも-0.3%の2,107円/㎡と僅かながら引き続き下落し、埼玉県(-1.2%、1,581円/㎡)や千葉県(-1.0%、1,521円/㎡)では事例数の多い各政令市が下落したために1%以上のマイナスとなった。(290615 東京カンテイ)

6月17日(土)5月米住宅着工、8カ月ぶりの低水準に(ロイター)
https://www.kantei.ne.jp/report/rent/322

米商務省が16日発表した5月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.5%減の109万2000戸と、昨年9月以来8カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。市場予想の121万5000戸も下回った。
戸数は3カ月連続で落ち込んでいる。建設活動は幅広く減少しており、住宅市場の回復傾向が揺らいでいるとの懸念が持ち上がりそうだ。(290617 ロイター)

s32_f_event_33_1nbg 長期金利
〔マーケットアイ〕国債先物は小反落、長期金利0.055%に上昇(ロイター)

現物債は超長期ゾーンにポジションを調整する売りが見られた程度。黒田東彦日銀総裁の定例会見を控えて、模様眺めとなる市場参加者もいた。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.055%。(290616 ロイター)

次に、Jリートと10年国債との利回り差の推移です。左から先々週末終値、先週末終値、今週末終値です。
東証リート指数が上昇となった一方で、長期金利も上昇となりましたので、両者のスプレッドは縮小しました。

2017年6月16日時点
リート予想分配金利回り  3.86%→3.91%→3.90%
国債10年物最長期利回り  0.050%→0.050%→0.055%
スプレッド        3.81%→3.86%→3.845%
※リート予想分配金利回りは、japan-reitより
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

s32_f_business_22_0nbg
 指数の推移

以下は、先週末から今週末にかけての種別ごとの指数の推移です。左から先々週末終値、先週末終値、今週末終値です。

オフィス 1732.60(0.2%)→1702.08(△1.7%)→1704.78(0.1%)
商業物流 2203.93(0.2%)→2186.89(△0.7%)→2202.73(0.7%
住宅   2546.29(0%)→2497.00(△1.9%)→2487.11(△0.4%
全体   1759.38(0.2%)→1734.42(△1.0%)→1739.42(0.2%)
不動産株 1458.50(0.7%)→1415.71(△2.9%)→1450.12(2.4%)
日経平均 20177.28(2.4%)→20013.26(△0.8%)→19943.26(△0.3%)

東証リート指数は、小幅な上昇となりました。一方で、日経平均が続落となる中、不動産株は先週の下落を巻き返す反発となっています。

種別指数では、小動きながら傾向に差が出ました。オフィス系ほぼ変わらず、商業物流系は先週の下落をプラマイゼロとする反発上昇です。住宅系だけが続落となっています。
chart290430

l_e_new_340 今週の主なリリース

13日 自己投資口取得に係る事項の決定に関するお知らせ(インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人)
http://www.japan-reit.com/kaiji/3298/2017/20170612404353.pdf

13日 資金の借入に関するお知らせ(ジャパンリアルエステイト投資法人)
http://www.japan-reit.com/kaiji/8952/2017/20170613405370.pdf

15日 資産の取得に関するお知らせ(ケネディクス・レジデンシャル投資法人)
http://www.japan-reit.com/kaiji/3278/2017/20170615407626.pdf

16日 資産の取得に関するお知らせ<スフィアタワー天王洲>(プレミア投資法人)
http://www.japan-reit.com/kaiji/8956/2017/20170616408340.pdf

16日 資金の借入に関するお知らせ(プレミア投資法人)
http://www.japan-reit.com/kaiji/8956/2017/20170616408334.pdf

今週の決算発表

19日(月)日本ヘルスケア投資法人 第6期決算発表

(前回決算の記事はコチラ)

【4月決算REIT】多額の減価償却を活かした利益超過分配を行う日本ヘルスケア投資法人(3308)の業績をcheck!

s512_f_business_28_0 来週の主なスケジュール

6月21日(水)米5月中古住宅販売件数
6月22日(木)米4月住宅価格指数
6月23日(金)米5月住宅着工件

今週は、週初からリート初の自己投資口買いが発表され話題となりました。これによる1口あたりの分配金への影響は、プラス29円とのことです。

インベスコO、自己投資口買い REITで初(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17588050S7A610C1DTA000/

不動産投資信託(REIT)のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人は12日、8億円を上限に投資口(株式に相当)を取得すると発表した。発行済み口数の1.23%にあたる1万口で、取得期間は13日~7月20日。企業の自社株買いにあたる「自己投資口買い」を実施するのはREITで初めて。(290612 日本経済新聞)

それでは、リート投資家の皆さま、今週もおつかれさまでした。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。