Real Estate Investment Trust
city-scape
 

今週のリート市場の相場を振り返っていきたいと思います。東証リート指数の週末終値は1845.75となりました。前週末終値が1838.26でしたから、7ポイント程度の2週続伸となりました。

今週の最安値は、週初場中の1825.32、最高値は、週末の本日の終値である1845.75でしたため、週ベースでの高値引けということになります。

以下は、先週末から今週末にかけての種別ごとの指数の推移です。左から先々週末終値、先週末終値、今週末終値です。

オフィス 1829.46()→1829.41(0%)→1843.70(0.7%)
商業物流 2301.38()→2292.59(△0.3%)→2301.36(0.3%)
住宅   2574.42()→2589.24(0.5%)→2581.49(△0.3%)
全体   1838.05()→1837.01(0%)→1845.75(0.4%)

不動産株 1448.01()→1414.84(△2.3%)→1412.03(0.1%)
日経平均 19287.28()→19137.91(△0.7%)→19467.40(1.7%)

東証リート指数の種別ごとでは、2週連続で小幅の動きが続いています。種別では、若干ですがオフィス系が強めに推移しています。日経平均は、週終値ベースで1.7%超の上昇となりましたが、不動産株は、先週2.3%超の下げを記録し、今週も置いてけぼりとなっています。不動産大手3社がそろって最高益という報道もありましたが、ここ1年は絶好調という業績となった結果、逆に今後の先行きが不安になってしまったということでしょうか。

s512_f_business_28_0 今週の主なスケジュール

1月24日(火)米12月中古住宅販売件数 549万戸、前月比2.8%減少←市場予想を下回る
(日本)中古マンション価格12月度 東京23区は前月比+0.9%の5,328万円と上昇率拡大
http://www.kantei.ne.jp/release/PDFs/c20170124.pdf
25日(水)米11月住宅価格指数 前月比0.5%上昇、前年同月比6.1%上昇←市場予想をやや上回る
10月の(日本)全国不動産価格指数 前年同月比+3.6%の107.4
26日(木)米12月新築住宅販売件数 前月比10.4減の53万6千戸←市場予想を大幅に下回る

来週の主なスケジュール

31日(火)日銀金融政策決定会合終了、11月ケース・シラー米住宅価格指数
2月1日(水)米1月ADP雇用統計(前月比)、FOMC終了、3日(金)米雇用統計

s32_f_business_22_0nbg 決算

阪急リート投資法人(8977) 第23期決算発表
大江戸温泉リート投資法人(3472) 第1期決算発表

s32_f_event_33_1nbg 長期金利

次に、Jリートと10年国債との利回り差の推移です。左から先々週末終値、先週末終値、今週末終値です。Jリートの上昇による利回りの低下があり、両者のスプレッドは縮小しています。

2017年1月28日時点
リート予想分配金利回り  3.57%
国債10年物最長期利回り  0.075%
スプレッド        3.495%
※リート予想分配金利回りは、japan-reitより

lgi01a201309241900 各国のリート市場

続いて、DIAMが提供している各国リートS&P指数をもとにしたレポートをご紹介します。毎週このレポートを参照することで、世界のリートの中のJリートを位置を確認していただくと良いかと思います。

リート・ウィークリーレポート(DIAM)2017年1月24日

以下は、2017年1月20日時点における、週間暴落率であります。

日本 -0.1%
米国 +0.6%
カナダ +0.5%
欧州 -2.8%
英国 -3.0%
豪州 -2.0%
シンガポール -0.0%
香港 -0.8%
※原則先々週末(営業日ベース)の値を基に算出し小数点第3位を四捨五入して表示。

それでは、リート投資家の皆さま、今週もおつかれさまでした。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。