Real Estate Investment Trust
a0002_010927
 

週末の東証リート指数は、寄り付き小高く始まりましたが、前場から後場にかけて上昇し始めると、右肩上がりで終値1753.36。強いとしか言えません。

全体としては、上昇銘柄33、下落銘柄4、変わらず0となりました。

個別銘柄では、日本ビルファンド投資法人(8951)ジャパンリアルエステイト投資法人(8952)といった旗艦銘柄が大幅上昇となっております。投資信託や海外勢が大きく買ってきているのかもしれません。

長期金利が0・475%に低下(sankeibiz) http://www.sankeibiz.jp/macro/news/141114/eca1411141703008-n1.htm

 14日の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(335回債、表面利率0・5%)の終値利回りが前日より0・020%低い0・475%だった。
日銀の買い入れで国債需給の引き締まりが確認されたことから、価格が上昇して利回りは下がった。(2014.11.14 sankeibiz)

※日々のリート指数などはサイドバーのDay Reit(ツイッター)をご覧下さい。→

※週や月間ベースなど指標は、上段メニュー「主要指数&指標」をご覧ください。

===================================================

さて、東証リート指数の今週末終値は、1753.36となりました。先週末終値が1704.17でしたから、実に50ポイントほどの大幅大幅な上昇反発となりました。

今週の最安値は、週初場中につけた1686.01、最高値は、週末場中につけた1753.36でした。週初に買っておくだけで、かなり利の取れる大変な相場となっています。

以下は、先週末から今週末にかけての種別ごとの指数の推移です。左から先々週末終値、先週末終値、今週末終値です。

オフィス 1717.197.1%)→1635.97(△4.7%)→1712.31(4.6%)
商業物流 2214.23(4.2%)→2231.61(0.7%)→2318.43(3.8%)
住宅   2197.46(3.4%)→2194.96(△0.1%)→2270.54(3.4%)
全体   1716.55(5.3%)→1683.02(△1.9%)→1753.36(4.1%)

不動産株 1672.91(17.1%)→1622.57(△3.0%)→1765.94(8.8%)

東証リート指数は、オフィス系は先週の下がり幅をそのまま戻した形ですが、商業物流と住宅系はほぼほぼ続伸といった強さです。不動産株は先週の下げを大幅に上回る上昇となっています

Jリートと10年国債との利回り差の推移です。Jリートの下落で利回りが上昇していますので、スプレッドが拡大しています。

2014年11月14日時点    先週  今週
リート予想分配金利回り  3.38%→3.25%
国債10年物最長期利回り  0.47%→0.475%
スプレッド        2.855%→2.775%

来週のJリートに関する主なスケジュールですが、11月17日(月)首都圏新規マンション発売(前年比)-10月、19(水)日銀金融政策決定会合[結果公表]-11月、米住宅着工件数(前月比)-10月、20(木)米中古住宅販売件数(前月比)-10月です。

さて、今週も非常に強かったわけですが、特に週末の花火は強いの一言でした。東証リート指数もリーマン前を回復しておりますが、リーマン直後に買った方の資産は、だいたい5倍くらいになっているのではないでしょうか。次の高値は、2008年1月9日の1774.56です。

それでは、リート投資家の皆さま、今週もおつかれさまでした。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。