Real Estate Investment Trust
a0002_011007
 

【REIT高配当利回り】ランキング (4月2日現在)(株探)
https://s.kabutan.jp/news/n202104040036/

1 <3470> マリモリート 5.63→5.52%(補正後) 125,400  20/12

2 <3492> タカラリート 5.57→5.56%(補正後) 111,300  21/02

3 <3468> スターアジア 5.49→5.47%(補正後) 53,000  21/01

4 <3451> トーセイR 5.42→5.26%(補正後) 134,000  21/04

5 <2971> エスコンJP 5.34→5.33%(補正後) 130,900  21/07

1  <3470> マリモリート

第10期が3,529円と上方修正となったが、続く第11期は、契約解除違約金や修繕費用の増により、3,357円の減配。第12期は、稼働率や修繕費次第だが、第9期決算時に第10期の上方修正前の分配金3,464×2が巡行に近いと予想。
https://www.marimo-reit.co.jp/file/top_financial-67bf9a8c295b59ed5820b8649118988b82159d9c.pdf

2 <3492> タカラリート

巡行と予想していた第7期について、物件取得により分配金が上方修正。3,096×2
https://takara-reit.co.jp/file/ir_library_term-276d5457696ac7816e74a7b016fd2d52d230860f.pdf

3 <3468>スターアジア

合併による負ののれんが8,893百円発生し、2021年7月期において、178百万円の内部留保を取り崩す予定。巡航分配金目標1,400円~1,450円/口としており、負ののれん活用し、2021年7月期以降も上限で維持してくると予想。1,450×2
http://starasia-reit.com/file/top_financial-3701cb5a28628c7e118b7d81481808dc5916c871.pdf

4 <3451> トーセイR

2022年4期以降は、内部留保が終了する見込みであり、内部留保分を除いた額が巡行と予想していましたが、内部留保の温存しての3530円確保が続いており、その先も市況の回復等可能性があることから、今回より3530円を巡航と予想。相場もそれを織り込んでか、ジリ上がり中。3,530×2
http://www.tosei-reit.co.jp/file/top-cd218f5647dc2262879f5c0e99ccf5e8733f323c.pdf

5 <2971> エスコンJP

2022年1期に営業外費用が増加し、分配金が3,315円へと低下するも、決算短信だけでは、この営業外費用の内容が分からず、今後続く内容かどうかが分からないため、当面は、2021年7月の3,492円を巡行とし、3,492×2と想定。
https://www.escon-reit.jp/file/ir_library_term-781f5790f117fe02cc43d4ce4eba4bf8f5b9edec.pdf

※上記それぞれの分配金予想については、あくまで当ブログでのものであり、各投資法人で物件解約があった場合など、予想を下回る分配金になることがあります。

【REIT高配当利回り】ランキング (3月26日現在)(株探)
https://s.kabutan.jp/news/n202103280035/

1 <3470> マリモリート 5.79→5.67%(補正後) 122,000  20/12

2 <3492> タカラリート 5.78→5.77%(補正後) 107,300  21/02

3 <3468> スターアジア 5.60→5.57%(補正後) 52,000  21/01

4 <2971> エスコンJP 5.47→5.46%(補正後) 127,700  21/07

5 <3451> トーセイR 5.39→5.38%(補正後) 131,100  21/04

1  <3470> マリモリート

第10期が3,529円と上方修正となったが、続く第11期は、契約解除違約金や修繕費用の増により、3,357円の減配。第12期は、稼働率や修繕費次第だが、第9期決算時に第10期の上方修正前の分配金3,464×2が巡行に近いと予想。
https://www.marimo-reit.co.jp/file/top_financial-67bf9a8c295b59ed5820b8649118988b82159d9c.pdf

2 <3492> タカラリート

巡行と予想していた第7期について、物件取得により分配金が上方修正。3,096×2
https://takara-reit.co.jp/file/ir_library_term-276d5457696ac7816e74a7b016fd2d52d230860f.pdf

3 <3468>スターアジア

合併による負ののれんが8,893百円発生し、2021年7月期において、178百万円の内部留保を取り崩す予定。巡航分配金目標1,400円~1,450円/口としており、負ののれん活用し、2021年7月期以降も上限で維持してくると予想。1,450×2
http://starasia-reit.com/file/top_financial-3701cb5a28628c7e118b7d81481808dc5916c871.pdf

4 <2971> エスコンJP

2022年1期に営業外費用が増加し、分配金が3,315円へと低下するも、決算短信だけでは、この営業外費用の内容が分からず、今後続く内容かどうかが分からないため、当面は、2021年7月の3,492円を巡行とし、3,492×2と想定。
https://www.escon-reit.jp/file/ir_library_term-781f5790f117fe02cc43d4ce4eba4bf8f5b9edec.pdf

5 <3451> トーセイR

2022年4期以降は、内部留保が終了する見込みであり、内部留保分を除いた額が巡行と予想していましたが、内部留保の温存しての3530円確保が続いており、その先も市況の回復等可能性があることから、今回より3530円を巡航と予想。相場もそれを織り込んでか、ジリ上がり中。3,530×2
http://www.tosei-reit.co.jp/file/top-cd218f5647dc2262879f5c0e99ccf5e8733f323c.pdf

※上記それぞれの分配金予想については、あくまで当ブログでのものであり、各投資法人で物件解約があった場合など、予想を下回る分配金になることがあります。

【REIT高配当利回り】ランキング (3月19日現在)(株探)
https://s.kabutan.jp/news/n202103210035/

1 <3470> マリモリート 5.76→5.65%(補正後) 122,600  20/12

2 <3492> タカラリート 5.65→5.64%(補正後) 109,700  21/02

3 <3468> スターアジア 5.55→5.53%(補正後) 52,400  21/01

4 <3451> トーセイR 5.49→5.48%(補正後) 128,600  21/04

5 <2971> エスコンJP 5.44→5.44%(補正後) 128,300  21/07

1  <3470> マリモリート

第10期が3,529円と上方修正となったが、続く第11期は、契約解除違約金や修繕費用の増により、3,357円の減配。第12期は、稼働率や修繕費次第だが、第9期決算時に第10期の上方修正前の分配金3,464×2が巡行に近いと予想。
https://www.marimo-reit.co.jp/file/top_financial-67bf9a8c295b59ed5820b8649118988b82159d9c.pdf

 

2 <3492> タカラリート

巡行と予想していた第7期について、物件取得により分配金が上方修正。3,096×2
https://takara-reit.co.jp/file/ir_library_term-276d5457696ac7816e74a7b016fd2d52d230860f.pdf

3 <3468>スターアジア

合併による負ののれんが8,893百円発生し、2021年7月期において、178百万円の内部留保を取り崩す予定。巡航分配金目標1,400円~1,450円/口としており、負ののれん活用し、2021年7月期以降も上限で維持してくると予想。1,450×2
http://starasia-reit.com/file/top_financial-3701cb5a28628c7e118b7d81481808dc5916c871.pdf

4 <3451> トーセイR

2022年4期以降は、内部留保が終了する見込みであり、内部留保分を除いた額が巡行と予想していましたが、内部留保の温存しての3530円確保が続いており、その先も市況の回復等可能性があることから、今回より3530円を巡航と予想。相場もそれを織り込んでか、ジリ上がり中。3,530×2
http://www.tosei-reit.co.jp/file/top-cd218f5647dc2262879f5c0e99ccf5e8733f323c.pdf

5 <2971> エスコンJP

2022年1期に営業外費用が増加し、分配金が3,315円へと低下するも、決算短信だけでは、この営業外費用の内容が分からず、今後続く内容かどうかが分からないため、当面は、2021年7月の3,492円を巡行とし、3,492×2と想定。
https://www.escon-reit.jp/file/ir_library_term-781f5790f117fe02cc43d4ce4eba4bf8f5b9edec.pdf

※上記それぞれの分配金予想については、あくまで当ブログでのものであり、各投資法人で物件解約があった場合など、予想を下回る分配金になることがあります。

【REIT高配当利回り】ランキング (3月12日現在)(株探)
https://s.kabutan.jp/news/n202103140042/

1 <3468> スターアジア 6.23→5.45%(補正後) 53,200  21/01

2 <3470> マリモリート 5.84→5.73%(補正後) 120,800  20/12

3 <3492> タカラリート 5.77→5.76%(補正後) 107,400  21/02

4 <3451> トーセイR 5.56→5.56%(補正後) 126,900  21/04

5 <2971> エスコンJP 5.46→5.46%(補正後) 127,800  21/07

1  <3468>スターアジア

合併による負ののれんが8,893百円発生し、2021年7月期において、178百万円の内部留保を取り崩す予定。巡航分配金目標1,400円~1,450円/口としており、負ののれん活用し、2021年7月期以降も上限で維持してくると予想。1,450×2
http://starasia-reit.com/file/top_financial-3701cb5a28628c7e118b7d81481808dc5916c871.pdf

2 <3470> マリモリート

第10期が3,529円と上方修正となったが、続く第11期は、契約解除違約金や修繕費用の増により、3,357円の減配。第12期は、稼働率や修繕費次第だが、第9期決算時に第10期の上方修正前の分配金3,464×2が巡行に近いと予想。
https://www.marimo-reit.co.jp/file/top_financial-67bf9a8c295b59ed5820b8649118988b82159d9c.pdf

3 <3492> タカラリート

巡行と予想していた第7期について、物件取得により分配金が上方修正。3,096×2
https://takara-reit.co.jp/file/ir_library_term-276d5457696ac7816e74a7b016fd2d52d230860f.pdf

4 <3451> トーセイR

2022年4期以降は、内部留保が終了する見込みであり、内部留保分を除いた額が巡行と予想していましたが、内部留保の温存しての3530円確保が続いており、その先も市況の回復等可能性があることから、今回より3530円を巡航と予想。相場もそれを織り込んでか、ジリ上がり中。3,530×2
http://www.tosei-reit.co.jp/file/top-cd218f5647dc2262879f5c0e99ccf5e8733f323c.pdf

5 <2971> エスコンJP

2022年1期に営業外費用が増加し、分配金が3,315円へと低下するも、決算短信だけでは、この営業外費用の内容が分からず、今後続く内容かどうかが分からないため、当面は、2021年7月の3,492円を巡行とし、3,492×2と想定。
https://www.escon-reit.jp/file/ir_library_term-781f5790f117fe02cc43d4ce4eba4bf8f5b9edec.pdf

※上記それぞれの分配金予想については、あくまで当ブログでのものであり、各投資法人で物件解約があった場合など、予想を下回る分配金になることがあります。

【REIT高配当利回り】ランキング (3月5日現在)(株探)
https://s.kabutan.jp/news/n202103070035/

1 <3468> スターアジア 6.33→5.53%(補正後) 52,400  21/01

2 <3470> マリモリート 6.00→5.88%(補正後) 117,700  20/12

3 <3459> サムティR 5.99→4.92%(補正後) 110,700  21/01

4 <3492> タカラリート 5.93→5.91%(補正後) 104,600  21/02

5 <3451> トーセイR 5.74→5.74%(補正後) 122,900  21/04

1  <3468>スターアジア

合併による負ののれんが8,893百円発生し、2021年7月期において、178百万円の内部留保を取り崩す予定。巡航分配金目標1,400円~1,450円/口としており、負ののれん活用し、2021年7月期以降も上限で維持してくると予想。1,450×2
http://starasia-reit.com/file/top_financial-3701cb5a28628c7e118b7d81481808dc5916c871.pdf

2 <3470> マリモリート

第10期が3,529円と上方修正となったが、続く第11期は、契約解除違約金や修繕費用の増により、3,357円の減配。第12期は、稼働率や修繕費次第だが、第9期決算時に第10期の上方修正前の分配金3,464×2が巡行に近いと予想。
https://www.marimo-reit.co.jp/file/top_financial-67bf9a8c295b59ed5820b8649118988b82159d9c.pdf

3 <3459> サムティR

2021年1月期までは、物件の売却益や消費税還付益などの一時的な変動要因が残るため、2021年7月期の2,725円からが巡行分配金と予想。2,725×2
https://www.samty-residential.com/file/term-f97da0d48339ff6cd1bda2bf209912525faae283.pdf

4  <3492> タカラリート

巡行と予想していた第7期について、物件取得により分配金が上方修正。3,096×2
https://takara-reit.co.jp/file/ir_library_term-276d5457696ac7816e74a7b016fd2d52d230860f.pdf

5 <3451> トーセイR

2022年4期以降は、内部留保が終了する見込みであり、内部留保分を除いた額が巡行と予想していましたが、内部留保の温存しての3530円確保が続いており、その先も市況の回復等可能性があることから、今回より3530円を巡航と予想。相場もそれを織り込んでか、ジリ上がり中。3,530×2
http://www.tosei-reit.co.jp/file/top-cd218f5647dc2262879f5c0e99ccf5e8733f323c.pdf

※上記それぞれの分配金予想については、あくまで当ブログでのものであり、各投資法人で物件解約があった場合など、予想を下回る分配金になることがあります。

【REIT高配当利回り】ランキング (最新2月26日現在)(株探)の補正(2月)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。