Real Estate Investment Trust
window-and-door-in-yellow-brick-house
 

タテルファンディングは、㈱インベスターズクラウドが運営している、いま流行りのクラウドファンディング型不動産投資です。

最初の記事では、約6倍の申し込みがあった5号ファンドについて、締め切り日から2日後のスピード当選を果たしたことなどを書いております。

クラウドファンディング型不動産投資のタテルファンディングに応募し、一発当選した話。

そして、【続報】では、タテルファンディングに当選した以降、契約書などが送られてきましたので、契約をしたことまでを書きました。

【続報】タテルファンディングの契約書と重要事項説明、DVDなどが届きました。

さて、前回の記事の最後に、タテルファンディングの運用中は、どのような情報がもたらされるのか、運用期間が7月1日から9月末なので、「この間に、マイページからは、収益明細をみることができるともありましたので、せっかくなので、見てみたいです。もしかして、この段階でアパートの収支明細が知らされるのでしょうか?」と結んでいました。

今回は、運用中のタテルファンディングについて、どうだったかをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

タテルファンディングの運用期間中は、どんな感じ?

前の記事でも書いておりますが、もともとタテルファンディングに投資しようと思ったのは、㈱インベスターズクラウドの建てる新築アパートの実力を見たいと思ったため、でした。

つまり、このタテルファンディングに投資をすることで、投資先の物件であるアパートの運用状況の情報が投資家にもたらされるのではと思ったからです。

なぜなら、㈱インベスターズクラウド自身、このタテルファンディングの目的を「不動産投資に興味をもたれた方に対して不動産投資の間口を広げ、さらなる会員数の獲得、実物資産としてのアパート経営へのステップアップ」と書いていたからなんですね。

であれば、タテルファンディングの運用物であるアパートの運用状況が情報として提供され、新築アパートの運営って、楽しいねという展開があるのではと思っていました。

まあ、そんなこんなで、勝手に思っていたわけですが、というのも、マイページに「収益明細」というページが用意されていたんですね。

収益明細とは

ですが、実際、運用期間に入った7月1日以降、現在までの間、マイページの「収益明細」というページを見ても、「該当の収益明細が存在しません。」と表示されるだけで、何ら運用中のアパート情報はありませんでした。

どうやら、この「収益明細」というページは、アパートの運営状況をお知らせするものではなく、ファンド自体の収益情報が表示されるもののようです。つまり、わたしtisanが投資したファンドは、9月末までが運用期間でしたが、これが終了した以降には、5%程度の収益(税控除前)がもたらされる予定です。

この収益金が例えば、○○円という形で表示されるのみで、アパートに関する情報は何も提供されない可能性が高いことが分かりました。



償還時には、運用状況が公開されるのかどうか

結果的に、運用中には、アパートの運用状況が提供されることはありませんでした。これは、わたしとしては、まったくの期待外れということになったわけです。

さて、そんな中、先日、第1号ファンドが償還期日を迎えましたね。

https://www.e-inv.co.jp/cp/news/post/10933/

「TATERU FUNDING」の第1号ファンドは、2017年6月30日をもって運用を終了いたしました。出資者に対し償還を完了しており、4期全て5%の配当実績となりました。また、償還日と同日に「TATERU」会員への物件売却も行なっております。また、現在運用中のファンドにつきましても、償還後は「TATERU」会員への売却を予定しております。

償還期日を迎えた際には、アパートの運用状況は、公開されるのでしょうか。その可能性は少ないと思います。だとすると、ただこのタテルファンディングに投資しただけでは、生の不動産投資に触れることは、ほとんどないことになります。

タテルファンディングに投資したことをきっかけとして、インベスターズクラウドの主催するセミナーに参加するしか、生の不動産投資に触れるステップには進むことはできないようです。

期待していたこと

実は、わたしとしては、インベスターズクラウドがこのタテルファンディングに投資をした投資家に対して、クラウドファンディングという投資を通じて、アパート運用の入門的な情報提供をしてくれることを期待していました。

不動産投資というのは、たくさんの不動産本やセミナーが出回っていますが、実際に足を踏み入れるには、まだまだ敷居が高いと思いますし、やっぱりやってみないと、生の不動産投資というのは、分かりません。

ですから、このタテルファンディングが運用物であるアパート運用の状況を初心者向け的な感じで、情報提供をしてくれるのではないかと思っていたんです。こうしたノウハウ提供を経て、インベスターズクラウドの提供する新築アパートを購入するかどうかを判断するという流れがあったら良いなと思っていたわけですが、どうもそういったことではなさそうです。残念。

わたしtisanが投資している第5号ファンドは、9月末にて償還日を迎えます。その時点で、実は、様々な情報提供が! という可能性がないわけではないのでしょうが、とりあえず、今回は、運用中の状況をお伝えしました。

償還を迎え、収益金が入金されましたら、また続報を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。