Warning: getimagesize(http://www.jreit.org/wp-content/themes/keni6_wp_cool_130521/images/top-image.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: HTTP request failed! in /home/users/1/lolipop.jp-611509660d477adc/web/jreit/wp-content/themes/msx-03-160212/functions.php on line 344
Real Estate Investment Trust
a0782_000889
 

ミサワ(3169)は、unicoブランドで家具や雑貨を展開する会社ですが、レストラン経営もしていたりします。

配当がありませんので、優待のみによる株主還元をしています。以前、株式分割を実施したこともあり、株数によって得られる内容も異なっています。

300株未満 3年超  →unico15%割引券1枚

300株以上 3年未満 →unico15%割引券2枚

300株以上 3年以上 →unico15%割引券3枚

上記に加えて、以下の特典のうち1点が選択により贈呈されます。

・unico オリジナル株主様限定タオルセット 5,000 円相当
・unico オリジナル株主様限定ステンレスボトル&ポーチセット 5,000 円相当
・unico オリジナル株主様限定パスタ&オリーブオイルセット 5,000 円相当

以前は、経営するレストランの食事券もありましたが、こちらはなくなりました。

さて、ライフスタイルショップであるunicoは、オリジナル家具/インテリア/ソファ/ラグ等を販売するインテリアショップです。中には、10万を超えるソファやテーブルセットもあり、こうしたものを購入する際に、優待券を使うとよりお得になるわけですが、ヤフオクでも優待券が4500前後で落札されているようです。

ということは、仮に100株保有したとすれば、最初の1,2年は、優待なしなので無収入ですが、3年以上保有すれば、現在の株価48,800に対して利回り10%弱の利益となり、さらにタオルセットなどの特典ももらえてしまうわけですね。

また、300株購入した場合は、こちらも初めの1,2年の利回りは普通ですが、3年経過したところで、優待券が3枚届きますから、こちらも10%弱の利回りとなることになります。

スポンサーリンク

購入判断の留意点

購入にあたっては、では、なぜこの株価に落ち着いているのかを考えてみる必要があります。最新の四季報では、「伸び鈍る」と書かれています。また、3年チャートを見てみますと、2015年1月を頭に下落し続け、今年の夏には40,000付近まで売り込まれて、現在の水準にまで戻してきています。

中期的な株価押し下げ要因としては、輸入企業であるが故に円安に弱いといったところがあるものと思われます。そして、来年1月に向けて株価も持ち直してきていますが、ここ最近の再びのトランプ円安にもかかわらず、株価が持ちこたえているのも逆に気になるところです。

また、個人的には、毎月の店舗売上実績が公表されていないところも微妙な点です。

3年保有することを優先するのであれば、買いでしょう。じっくり待つとすれば、来年の権利確定(1/26)後の下落を拾うのも一法ですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。